ターナー色彩株式会社

成分について
つかわれる色材は、世界中の土顔料(天然黄土、天然弁柄など)、菜種油を燃やした煤、赤松の根を燃やした煤、漆喰を特殊な樹脂で分散塗料化しました。
特注品として、ヤニ止めシーラー、漆喰シーラー、防腐防蟻剤、難燃剤、無臭柿渋、石質風化防止剤(責任施工)などがあります。
特注品、責任施工に関するお問合せは、本社営業部開発チームまで:
 電話 06-6308-1213
文化財について
重文など文化財については、当社は、寺社文化財の責任施工の永年の経験、ノウハウを生かし、責任施工で対応いたします。
施工技法について
01
重文など文化財については、当社は、寺社文化財の責任施工の永年の経験、ノウハウを生かし、責任施工で対応いたします。
01
木目を生かす塗装は、和さびを清水で薄めステイン調に塗ります。
01
普通の塗装は、清水20〜30%添加、0.1kg/回、2回塗り〜3回塗りで仕上げます。
01
新木材を年代を経たようにみせるには、バーナーで焼き、真鍮制のワイヤーブラシで水洗い(ブラシを円形に回さないで、縦方向に引き洗いします。)後周りに調和するように、色あわせをし塗装します。2〜3色の色を、タンポ塗りすれば、よりリアルに仕上がります。
01
漆喰は、浮いている箇所を取り、欠損部分、全面に漆喰シーラーを塗り練り漆喰で欠損部分を埋め、乾燥後全体に漆喰塗料を塗装します。清水20〜30%添加、0.1kg/回、2〜3回塗りで仕上げます。色漆喰にするには、和さびで調色してください。