ターナー色彩株式会社

   
美術手帖2011年11月
極並佑
極並佑


小吹隆文=取材・文
平野愛=撮影(作品図版除く)
Text by Takafumi Kobuki Photo by Ai Hirano

modern people 2011 キャンバスにアクリル絵具 130.3×130.3cm ©Yu Kiwanami Courtesy of imura art gallery


2点とも─modern people 2011 キャンバスにアクリル絵具 162.1×130.3cm ©Yu Kiwanami Courtesy of imura art gallery

modern people 2010 キャンバスにアクリル絵具 130.3×97cm ©Yu Kiwanami Courtesy of imura art gallery


modern people 2011 キャンバスにアクリル絵具 112.1×162.1cm ©Yu Kiwanami Courtesy of imura art gallery



上2点─絵具や筆などの道具類。とにかくきちんと並べたい性格で、作業後は壁や床に対して垂直水平に揃えないと落ち着かないという

アトリエは、両親と同居する実家の3階に構えている。決して広くはないが、天窓を備えており上々の環境。部屋の隅には趣味のピアノやギター、大量の靴と靴箱も

来年の個展に向けて制作中の新作の下絵やドローイング。下絵にはグリッドが引いてあり、綿密に構図を推敲している
はっきりとした輪郭線とフラットな彩色が特徴の極きわ並なみ佑ゆうの絵画。画中の登場人物に共通するのは、顔が描かれていないということだ。また、大胆に省略された背景は、時間や場所といった作品理解の手がかりを曖昧にしている。それゆえ彼の作品は、現代社会の希薄な人間関係や、デジタル・テクノロジーがもたらした匿名のコミュニケーションを象徴していると評されることが多い。では、実際の極並はどのようなアーティストなのだろうか。

極並が美術に目覚めたのは、中学3年生のときだ。「佐伯祐三さんの絵に衝撃を受けました。彼のようになりたいと思ったのが最初です。それで芸術系の高校に進学したのですが、学内にデザイン科やファッション科があり、お洒落な人が多かったので、ファッションに傾いていた時期もありました。でも、大学受験でデッサンと密接に関わりだすと、やっぱり絵を描きたくなって。本当の意味で目覚めたのはその頃かもしれません」。

実は幼少期からピアノを学び、音大への進学も思い描いていた極並。しかし、その夢は小学校高学年で崩れた。「ある日、先生から『趣味で続けるなら今でも相当のレベルだけど、プロを目指すならもっとハードに練習しなきゃ無理だ』って言われたんです。小学生にいきなり将来を決めさせるのも酷な話ですよね。それでビビってしまった。子どもの頃はサッカー選手や宇宙飛行士など夢をたくさん持っていましたが、年齢を重ねるにつれ諦めたものもすごく多いんです。でも、絵に関しては諦めたくなかった」。

アーティストとして独り立ちを真剣に考え始めたのは、大学院生になってからだ。「このまま修了してもアーティストになれないし、大学ではアーティストのなり方は教えてくれない。だから、卒業した先輩方の活動を調べたり、友だち同士で話し合ったりしました。僕が大学院生の頃の関西は、ちょうどコマーシャル・ギャラリーやアート・マーケットが整備されてきた時代だったので、プロを目指すことにリアリティーが持てたし、そういう意味ではラッキーだったと思います」。

大学院修了を控えた学生最後の年には抑えきれないほど創作意欲が湧き、早朝から深夜までひたすら描く生活を続けた。「卒業後に迷っているようじゃ出遅れると、焦っていたのかもしれません。未熟でも何か形にしたい、今の自分を煮詰めておきたいと思っていました」。そして大学院修了直前の2009年に初個展を開催する。その当時の作品は現在よりも平面性が強く、輪郭はシンプルで、色遣いも鮮やかだった。

「これだというものを見せたかったので、今までの自分の作品に共通していた色遣い、直線的な線、はっきりした輪郭をより強調して打ち出しました。プレゼンという意識が強くて、先生や友人ではなく、外に向けて発表する意識が明確にありました」。

初個展が高評価を受け、イムラアートギャラリーの取り扱い作家となった彼は、その後、現在に至るまで精力的に活動を続け、作風が少しずつ変化している。具体的には、背景の描写が具象的になり、物語性が生じつつあるのだ。

「自分の作品を現代の人間関係とかデジタル環境との関連で批評されることには納得しています。でも不安ばかりではありません。テクノロジーの発展による恩恵もある訳だし、不安と安心が入り混じった曖昧さこそが現代なのだと思っています。でも最近は、物語性や陰影、マチエールといった初期作品で敢えて排除していた部分を取り戻そうという気持ちが強くなってきました。初個展の作品は自分にも観客にも非常に突き放した表現だったと思うし、今後同じことを続けても自分の足枷になりかねません。ですから、今は一度捨てたものをもう一度拾い集めている状況ですね。もちろん、自分の作品の個性や持ち味を踏まえた上でのことですが・・・」。

極並の次回の個展は、来年にイムラアートギャラリー東京で予定されている。久しぶりに長期の制作期間を与えられた彼は、ドローイングや下絵を重ね、これまでになく慎重に吟味して制作を進めている最中だ。未だ進化の過程にある新進作家が、次回の個展でどれだけの伸びを見せてくれるのか、来年のお披露目が今から楽しみでならない。
極並佑
Yu Kiwanami

1985年京都府生まれ。2009年京都造形芸術大学大学院研究科修士課程芸術表現専攻修了。09年立体ギャラリー射手座(京都)で初個展。同年、NODA CONTEMPO RARY(愛知)でも個展。11年イムラアートギャラリー京都で個展「彷徨えるシンデレラ」開催。グループ展は、08年「シェル美術賞展」(代官山ヒルサイドフォーラム、東京・京都市美術館)「、京展(」京都文化博物館)、09年「混沌から躍り出る星たち2009(」スパイラルガーデン、東京)、10年「PAINTING INQUESTION」(ギャラリー16、京都)など多数。05年「美浜美術賞展」美浜町長賞、08年シェル美術賞入選。
私の一色 ウルトラマリンブルー 76-B
青色が好きなのですが、青の中でもっとも鮮やかな〈ウルトラマリンブルー〉が特に好きです。アディダスの靴箱も青だし(彼は靴が大好きで大量のコレクションを保有している)、好きなサッカーチームのガンバ大阪も青のユニフォーム。作品の中で原色のまま使うことはありませんが、〈ウルトラマリンブルー〉なら混色で薄くしても濃くしても綺麗な発色を保ってくれます