ターナー色彩株式会社

 
美術手帖2006/11
中岡真珠美


石井芳征=s取材・文 
福永一夫=写真(作品図版を除く)

guitar 2005 キャンバスにアクリル絵具 190×160cm


左上●イメージとスタイルの多様さが目を引く
右上●一日に数点を並行して描き上げる多作ぶりには驚かされる
左下●壁には絵と歌詞を組み合わせたシリーズの下絵。7月の展覧会に出品予定
右下●「元力士太頭丸山(たずまやま)」のアルバム。
相撲取り風に呻くような声で田尾自ら歌う
上●humming 2005 キャンバスにアクリル絵具 70×50cm
下● untitled 2006 紙にインクジェットプリント、アクリル絵具 29.7×21cm

左上●2007年「Whispers Behind the wall」展(MEHR、ニューヨーク)でのインスタレーション風景
左下●―pencil 2003 キャンバスにアクリル絵具 51×76cm 図版提供=TAKEFLOOR
右●I'm sorry 2005 キャンバスにアクリル絵具 225×150cm

たお・そうじゅ Tao Soju
1977年栃木県生まれ。2002年チェルシー・カレッジ・オブ・アートアンドデザイン絵画科卒。03年スレード・スクール・オブ・ファインアート絵画科中退。個展に02年The Great Eastern Hotel (ロンドン)、04年Glaxo Smith Kline(ロンドン)、06年「オカメプロ展」(TAKEFLOOR、東京)。グループ展に03年「Conton」(Trinity Buoy Wharf、ロンドン)、Peterborough Digital Artsノミネート(ピーターボロー)、06年「田尾創樹/徳重道朗」(TAKEFLOOR、東京)、「百花繚乱」(Boice Planning、神奈川)など。7月21日〜10月14日に「project N 30」(東京オペラシティアートギャラリー)に出品予定。
まず圧倒的な物量に驚かされた。田尾創樹のアトリエで過去の作品を見せてもらうように頼んだところ、湧くように出てきた作品群。キャンバスの裏を見ると「2007」と制作年が書かれた作品が目に付く。多くが今年に入ってからの作品だった。本人曰く、画廊から返却され、「展覧会には出品できなかった駄作」だという。「駄作展を企画して近所のカフェ・ギャラリーに持ち込んだんですけど、そこでも断られて(笑)」。

しかし田尾の表現アプローチや制作の仕方を知ると、それらを単純に「駄作」だと結論づけてしまうことが躊躇される。もちろん彼の作品群を完成度の点から比較し、作品の質の善し悪しを判断していくことは可能だが、過去の絵を一素材として、ためらいなく新たな絵へと描き直していく田尾の作品は、そもそもどの時点を完成とするのか、判断がつきにくく、未完の状態をその内側に延々と保持しているような作品なのである。

染色家の家庭に生まれ、子供の頃から職人に囲まれその姿を見て育った彼にとって、絵を描くことは、イコール「美術」や「アート」を意味しない。思想や精神からではなく、手から生まれるもの、より「フィジカルなもの」として存在している。

「意味合いは後からいくらでもつけられるので、例えば作品タイトルも制作時には決めないで、見せる機会があったらその都度の気分によって決めます。こんなタイトルつけたらブラックユーモアっぽくなるんじゃないか、という感じですね」。

田尾の絵が持つ、意味やコンセプトからのこの極端な自由さは、「延々と続く未完の状態」とあいまって、正体不明な感覚を見るものに与える。見たことあるようで見たことのない、知っているようで知らない、いつまで経っても腑に落ちることのない不思議なイメージ。ギターを持つ女の子、死神、鉛筆を食べるワニ、スタイルもバラバラ、すべてが前触れなく「突然」の印象である。

しかし雑誌やカタログなど、本来意味や文脈の希薄なイメージを使うことで、意味や物語性を否定する「物語なき絵」を描く作家たちと違い、田尾の場合、逆に意味や物語を加えていくことに対しては、無関心ゆえの積極性を感じる。

田尾は画家の他に、「オカメプロ」というプロダクションの主催者兼所属アーティストという肩書きをもつ。実質的に会社として機能しているわけではないが、ある種の物語(設定)として、そのような表現活動のスタイルをとっている。オカメプロにはJ-RAP系、J-ROCK系、元相撲取りなどの設定で複数のジャンルのバンドやアーティストが所属する。

「例えば相撲取りみたいなつぶれた声で歌ってみたらどうだろうと思って、ハゲ相撲界の大御所で元相撲取りの太頭丸山(たずまやま)という架空の人物を設定して歌ったり。田舎のギターロックしか聞かない人が、急にアンダーワールドとか聞いて、俺たちもやってみようとくっちゃった曲とか。オルターエゴみたいな感じですかね。自分のことを出すのに極端な照れがあるから、それを隠すシステムなのかもしれないですね」 。

田尾にとって絵が、物語(設定)を必要としない「フィジカル」な行為から生まれ、意味やコンセプトは後付けとして加えられるものであるのに対し、オカメプロというシステムでは、まず物語(設定)があって、その後に、それになりきるという「フィジカル」な経験をすることになる。「普段は毛嫌いしているJ-ROCK系の音楽を実際に自分たちでやってみて、河村隆一みたいな歌い方をするんです。はじめはすごい照れがあるけど、やっているうちに本当に熱くなって歌っていたりして」。

絵画作品とオカメプロとしての活動。フィジカルからフィクショナルへ、フィクショナルからフィジカルヘと、正反対のベクトルではあるが、どちらの作品も身体性と物語性の両極を行き来することで生じるリアリティーが、表現の核となっていることに変わりはない。二つの異なるリアリティが渦を巻き、田尾創樹という特異なアーティストを形成する。

「『田尾創樹』の立ち位置がどこにあるのか、微妙でよく分からないんです。オカメプロの所属アーティストなのか、プロデューサーなのか。常にグレーゾーンにいる感じがします。僕自身も説明しきれないです」。

「グレーゾーン」、アートという枠組みが霧散しつつあるいま、まさにアーティストの意識の変容ぶりを象徴する言葉である。このアートの地殻変動の中で唯一頼りになるのが、表現における個人のリアリティーであり、田尾はその方法を確実に見つけつつある。

◎いしい・よしゆき[美術ライター]
パイロールレッドライト PYRROLE RED LIGHT [31-D]
「赤に限らずくっきりした色が好きで、絵をカラフルにしようと思うと、必ず赤が作品の中に入ってきます。戦隊ものでリーダー格にあたるヒーローは、大抵赤色でその矢面に立つ感じが好ましいですね。昔ロンドンに留学していた頃からGOLDENを使っていて、このパイロールレッドライトは、伸びがよくて、塗りムラができにくいところが気に入っています」。。