ターナー色彩株式会社

色彩の基礎知識

混色の基本
絵具(印刷)の三原色
絵具(印刷)の三原色には、シアン・マゼンタ・イエローの3色あり、理論的には3色を等量まぜると、黒になります。混色するとたいてい原色より彩度が低下した色になります。
混色による見え方の違い
チューブから出した色をそのまま塗った場合といくつかの色を混ぜた場合、出来上がった時の見え方や見る人に与える印象が違ってきます。
■混色しない場合
彩度の高い色みの組み合わせで力強い表現になります。 また微妙な色の違いの表現に限界があります。
■混色した場合
混色することで使える色の数が増え、表現の幅が広がります。 やわらかい感じや奥行き感を出すこともできるようになります。
混色の作り方