ゴールデンアクリリックス
ゴールデンフルイド

AboutGolden

この日記はゴールデン社
aboutMarkGolden
更新履歴
2006年の日記
2006.11.27
冬支度
2006.3.28
試作品
2006.2.26
品質の対価
2006.1.31
絵具セット
2006.1.17
私と絵具
2006.10.29
東京でアートを語りあう
これまでの私の日本ツアー10年の中で、今までになかった素晴らしい機会がありました。 これはすべて、ターナー色彩と、日本における現代アートの「チアリーダー」を自称してい る山口裕美さんのおかげでした。彼女は自ら率いる組織を通じ、私やサウスカロライナ の画家であり版画家であるフィル・ギャレットさんの講演を手配してくださいました。組織 は「芸術振興市民の会(CLA)」と呼ばれる、パーフォーミングアーティスト、ヴィジュアルア ーティスト、作家、デザイナー、および建築家によるゆるやかなグループです。グループは 日本人アーティストや、日本および海外を通じた創造性の繁栄に対する、本当に驚く べき支援パートナーです。 その任務の一部は、芸術家同士が相互援助のためにネット ワークを形成できるようにすることです。

イベントの後、私たちは素晴らしいレストランに行き、食べ、飲み、語り合いました。この 晩の唯一の期待はずれは、アイデアや会話を共有できた3時間があっという間に過ぎて しまい、レストランの閉店時間がきてしまったことでした。これが、私が仕事が好きな理由 です。これらの信じられないほど有能な人々の世界を共有しその一部となることができる 場所にいること。次のツアー、次の講演を楽しみに…しかし一番は次の酒瓶を一緒に分 かち合うことを楽しみにしています。

-----------------------------
注)2006年10月に日本で講習会をするため来日されたときの記事です。