ゴールデンアクリリックス
ゴールデンフルイド

AboutGolden

この日記はゴールデン社
aboutMarkGolden
更新履歴
2006年の日記
2006.11.27
冬支度
2006.3.28
試作品
2006.2.26
品質の対価
2006.1.31
絵具セット
2006.1.17
私と絵具
2006.4.17
まだまだ知らないことばかり
みなさんの画材について私たちが知らない情報量というのは、残念な がら思う以上に多くあります。未だに表面や下地の機構をもっと理解しようと努力しています。アクリル絵具に油彩を重ねた効果についても研究しています。最適な下地とは何かについても知ろうとしています。キャンバスは綿か麻か、あるいはポリエステルがよいのか?木やメゾナイトのように硬い下地がよいのか、それともアルミパネルはどうか?アルキド絵具と油絵具を混ぜると柔軟性が増し、また黄変も少なくなるのか?一体、油性下地を使うべきなのか?

疑問はすぐに浮かんできます。答えは思うように簡単には出てきませ ん。ある下地と別の下地を比較したり、ある絵具と別の絵具を比較し たりすると、それらは本質的には一枚岩のように見えますが、事実は 大きな違いがあります。さらにそれに加えて使われている原材料も一 定なものではないという事実があります。新しい製造会社が生まれる 一方で、吸収される会社もあり、消え去る会社もあります。たとえ原 材料の製造会社が同じであっても、製造工程が変更されることはよく あることです。こうしたことは問題が起こるまでは知ることが出来ま せん。

ですから私どもの会社では研究を続けることを使命としているのです。 こうした基本的な疑問の答えをみつけるべく、他の人々とも協力しま す。画材に生涯を依存しているアーティストの社会、そして我々の後 に残される遺を確実なものにするためです。当社が、画材を理解する ために世界でも有数の研究機関と協力できたことは素晴らしい喜びで す。それでもなお、日々理解が深まるほどに前途に続く道がさらにあ ることを知るのです。しかしそれは何と素晴らしい旅路でしょうか。
オリジナルページに書き込まれた
アーティストから
よく思う疑問だが、ブランドの違うアクリルの絵具やメディウムを混ぜ ても大丈夫だろうか。いつも大丈夫に違いないと想定してやっている。 もとは同じようなものだろうから。この点で研究はされているのだろうか。

技術サポート マイク・タウンゼンドさんから
これは私たちにもよくある疑問です。当社の製品群は非常に幅広いので、 自社製品の中でも広範囲な混合特性を作り上げなければなりません。こ れは、アーティストが他社製品と混ぜる場合によく似ているといえるで しょう。一般論として問題が起きることはないようですが、注意すべき 点があります。 ほとんどのアクリル絵具は安定性のためにpHはアルカリ性になっています。 しかしメーカーによって、pHが低めになっていたり高めになっていたりす るようです。このような製品同士が混ぜられると、pHショックという現象 により絵具はコテージチーズのように固まってしまうことがあります。 大抵は一時的なもので、よく混ぜていると滑らかになってきます。もし絵 具が固まったり、粒状になったり糸引き状態になったり、あるいは形容し がたい状態になったなら、その絵具同士は全く混ざり合わないものと言え ますから、混ぜた絵具は使わない方がよいでしょう。
アーティストから
様々なブランドの絵具を試し情報を集めたが、ゴールデンの商品とウェ ブサイトの情報は格段に正直で実践的だ。きれいごとの宣伝文句ではな く、実際に役立つ情報が得られる。有益な情報と優れた品質とともに、 貴社がポケットの中のお金ではなくアーティストの成功を見たいと考え ていることに感謝している。

マークさんの返事
ご親切なコメントをありがとうございます。私たちの情熱と使命にはい くつかの源泉があります。まず我々の遺産の意義です。今、我々が何を ここでなし、どのように製品をサポートしているかというようなことは、 未来の世代が評価するでしょう、そして何百年もの年月によってなされ ることを望んでいます。それだけでも、私たちが最後まで責任をもって 確実に働くためのモチベーションとなります。次に義務としてあるのが、 私たちと協力し支援してくれるアーティストたち、そして親愛なる友人 たちに対するものです。彼らに対する義務はとても深く固いものです。 彼らに、さらにはすべてのアーティストに対し、私たちはすべてのこと について能力を傾けて高品質な製品とサービスに努めていると断言しま す。そして最後に、世界中で最も有能なビジュアルアーティストたちと 協力しまた挑戦を受けること自体がわくわくするようなことなのです。 私たちが全部を理解したと思うと、いつでも誰かが材料を他の方法でね じ曲げ、そのためにまた、私たちはあたかも絵具を作りはじめばかりの ように興奮するのです。この創造的なコミュニティーとの対話の重要な 一部であることが大好きです。この場で、誰しもがこの素晴らしいコミ ュニティーの一部であることの興奮を感じていただけると思っています。