ゴールデンアクリリックス
ゴールデンフルイド

AboutGolden

この日記はゴールデン社
aboutMarkGolden
更新履歴
2006年の日記
2006.11.27
冬支度
2006.3.28
試作品
2006.2.26
品質の対価
2006.1.31
絵具セット
2006.1.17
私と絵具
2006.3.28
試作品
試作品はカスタムラボの仕事の副産物です。こうした製品はお客様か らの要望で作られたものもあれば、研究員による様々なプロジェクトにおける新規原料の研究から生まれたものもあります。

お客様の要望によっては過大な仕事が必要になる場合もあり、そうなると費用も馬鹿になりません。こうした点から残念なことに試作品を作るにはとても費用がかかり、したがって価格も高くなります。注文をいただいた場合、生産量は少量ですし容器には手作業でつめなければなりません。将来的にはこうした製品を生産できるように、大幅に改善してスピードと効率を上げたいと思っています。それは遠いことではないといいたいのですが、実際にはそのためには研究室の新規設備に対し多大な時間と投資を必要とします。

より多くのこうした材料が手軽に作れるようになれば、さらに幅広い新しい製品を提供し続けみなさんの評価をいただけるものと期待しています。新しい製品がより多くの人に知られれば(それがこのような画材に可能ならば)、効率がよくなり、これらの特殊でユニークな製品の価格を引き下げてくれるのではないでしょうか。

このような新しくて素晴らしい製品を作り提供することが好きです。製品は私たちの手を離れるとすぐにそれ自身が命を持つようになります。実際にそれらの製品がアトリエで使われるまで、私たち自身がその真価を理解していなかったということはよくあることです。アーティストの手に渡った後は、実際にどのように使われるのかの情報を集めます。多くのアーティストにとっては手の届かない価格であるのは分かっています。当社としてもより手ごろな価格で生産できるような何らかの手段を講じる努力を怠ってはなりませんが、今のところ生産は限られています。アーティストの方々が使い方を見出し需要が伸びるようになれば、価格を大幅に下げられるでしょう。