ゴールデンアクリリックス
ゴールデンフルイド

AboutGolden

この日記はゴールデン社
aboutMarkGolden
更新履歴
2006年の日記
2006.11.27
冬支度
2006.3.28
試作品
2006.2.26
品質の対価
2006.1.31
絵具セット
2006.1.17
私と絵具
2006.1.31
絵具セット
私が生まれたとき、ベビーベッドには「ペイント・バイ・ナンバーズ」のセットがありました。父のサムは初期のこのパッケージと小さなプラスチックカップに入った絵具とのセットの一つを開発しました。父が絵具はヒマシ油がベースになっているといっていたのを覚えています。だから、これは(情操的にも体にも)悪いということなどないでしょう。

ゴールデンアーティストカラー社の創立以来、個人的にはセット生産の考えを格段持ったことはありません。私の情熱はそこにはなかったのです。新しい色の絵具や新製品を作ることが好きでした。何が本当に素晴らしいセットなのかということについては全くわかりません。いくつかのメーカーが作っているパステルのセットは好いと思います。パステルについては、その使い方やたくさんの色がすぐに使えるように置いておく必要があるという理由からセットに意味があることは分かります。しかし、本当に素晴らしいアクリル絵具のセットを作り出すためにはどこから手をつけたらよいのか、考え付きません...あるいはそれは本当に可能なのでしょうか。

みなさんは、絵具セットについてどうお考えでしょうか。セットがあれば作品制作の何が便利になるのでしょう。今あるセットは何が欠けているのでしょう。あるいは「マーク、そんなことは忘れてしまえ。プロのためのセットやキットを作ることなどできないのだ。」といってくださっても結構です。ご意見をお聞かせください。

注】ペイントバイナンバーズ:番号のついた小さなカップに入った絵具のセットと、輪郭だけが描いてある何枚かの絵のパッケージで、絵柄の各部分には番号が書いてあって、そこに同じ番号の色を塗れば、絵が仕上がるという簡単なお絵かきセット。
オリジナルページに書き込まれた
大学教授から
アーティストはそれぞれ独自のセットをつくるものだ。セットはアマチュア用のもので、ゴールデンの評価はプロ用なのだから、セットなど忘れたまえ。

アーティストから(1)
同意見。パステルセットは素敵に見えたので購入したが、棚に飾ったままだ。

アーティストから(2)
ゴールデンのほとんどの色を持っているが、キナクリドン系の色がとてもよいので、もっと多くの色が欲しいがセットはどうかと思う。いつも一つずつしか買わない。

2006.2.2 3:49 pm
セットの決定打というようなアイデアは早々に捨てないといけないかと思います。まだ誰かアイデアがないかと思ったりしますが...ボックスセットではなくて... 何かユニークな材料を新しくて想像力に富む方法でファンを刺激するような...あるいは制作の助けになるような創造的な道具となるような。

毎年、同じようなものを見かけます。多分、何世紀も続いているアートボックスの伝統を追いかけているだけかもしれません。そしてそれほど長い間続いているのには何か理由があるのだろうと。
アーティストからセットに関連して
他のブランドを使っていてゴールデンを試そうという人ならプロでもセットは意味があるかもしれない。その場合にはゴールデン独自の製品をセットにしたらどうか(クラックルペースト、クリアタールゲルなどのメディウム、マイカ、イリデッセント、ステンレススティールなどの特殊な色)。あるいは伝統色のセット。
(数人のアーティストから賛成のコメントが寄せられた。)

2006.2.2 6:04 pm
そのアイデアは素晴らしい。私も当社の作っている奇妙で風変わりな製品が大好きです...だから作るのかもしれません。 ただそんなセットは私やあなたしか買わないかもしれません。こうした製品は、冒険好きで、第一印象だけでは判断しないアーティストには世界を簡単に広げられる道具になります。しかし一般的なブランドを使い慣れている人にはやっかいなものでしょうか。大きなゴールドマイカフレークが絵具になってボトルに入っているのを想像してください。この絵具を使って制作をするには勇気がいります。

「ここから始めよう(Start Here)」キットというものがかなり長い間ありました。これにはフルーィドから普通のアクリリックスに加えて風変わりな製品も含まれていました。でも全く売れた様子はありませんでした。真摯なアーティストに対し、どんなことが出来るのかを明瞭に示すことが出来れば、この種のセットも魅力があるものになるのではないかと思います。

注】文中の製品はクリアタールゲル、アクリリックス以外は国内で未発売の製品