ゴールデンアクリリックス
ゴールデンフルイド

作家達の個性がゴールデンのカラーです。

小西祐司
1961年三重県に生まれる。
1984年大阪芸術大学芸術学部美術学科絵画専攻卒業。
90年代からは、1991年現代美術・素材はいろいろ(徳島県立近代美術館)など
グループ展への出展ほか、二人展や個展を開催。
Rabbit, Runシリーズ
使用したメディウム:
レギュラーゲル[マット]

レギュラーゲル[マット]を使用し、ゴールデンアクリリックスに混ぜて描画。ツヤを抑えたタッチでシルクスクリーンのような効果 を出している。
森の掟シリーズ
使用したメディウム:
ファインパミスゲル・ヘビーゲル[グロス]

ファインパミスゲルで地塗りすることにより、画肌に変化をつけた。描画には、ゴールデンアクリリックスにヘビーゲル[グロス]を約2:1の割合で混ぜ、タッチを生かした表現にしている。
Wang−ganシリーズ
使用したメディウム:
アブソーベントプライマー・ソフトゲル[グロス]

下地にアブソーベントプライマーを使用し、水彩 画のようなマチエールをねらっている。描画にはゴールデンアクリリックスとソフトゲル[グロス]を混ぜ、筆さばきになめらかさをプラス。単一顔料でつくられているゴールデンアクリリックスは、メディウムで薄めても色の美しさが損なわれることはない。