ゴールデンアクリリックス
ゴールデンフルイド

作家達の個性がゴールデンのカラーです。

三村逸子
1959年神戸市に生まれる。
1983年大阪芸術大学芸術学部美術科卒業。
1986〜87年渡仏。
1991年ドイツ、ギャラリー・ツイマーのKoIn Art Messe、
1994年北アイルランド、オーチャードギャラリーのNice Young Artists From Japanに
出展するなど国内外のグループ展、個展多数。舞台美術も手がける。
UNTITLED-'98
使用したメディウム:
アブソーベントプライマー・コースパミスゲル・エキストラヘビーゲル[グロス]

「生命」をテーマに、目に見えない「空気」をコースパミスゲルの質感で表現。植物の核となる種子をエキストラヘビーゲル[グロス]の盛り上げ感で表現した。
種子1-'99
使用したメディウム:
エキストラヘビーゲル[マット]・ヘビーゲル[グロス]・ヘビーゲル[マット]

白黒のモダンなバックを、ヘビーゲルのグロスとマットで変化をつけ、エキストラヘビーゲルのハードなエッジで種子に内在する生命力を表現している。
種子3-'99
使用したメディウム:
コースパミスゲル・ヘビーゲル[マット]

淡い色使いのなかに、コースパミスゲルの粗いテクスチャー、そしてヘビーゲル[マット]のエッジの強さとツヤ消しでモチーフを印象づけた。