ガラスビーズゲル
およびクリアグラニュラーゲルはキメの粗いメディウムで、ヘビーボディと同様に角が立つくらいの粘度があります。ケシの実とほぼ同じ大きさの本物のガラスビーズや透明のアクリル微粒子を原料とし、粗海塩と同程度です。これらのゲルは着彩の上では、ざらついたツヤのある面を作り、冷たいガラスの上の結露のような視覚効果が生まれます。透明度を隠すために十分な色を加えると、コースゲルやエクストラコースパミスゲルと同じような外観になります。
 

ファイバーペーストは乾燥すると、手漉き紙のような外観を呈します。湿らせたパレットナイフで伸ばすと滑らかな面を作ることができます。乾燥するとオフホワイトになり、吸湿性が高いため、アクリルのウォッシュと併用するのに適しています。




Golden Artist Colors社


戻る