? ?  


補足:ダリル・ヒュート「ダイヤモンド」

ギャラリー責任者ジム・ウォルシュ

「ダリル・ヒュート:ダイヤモンド」はヒュートの一連の作品にスポットをあてています。これらの作品は制作期間中、商業画廊で広く展示されましたが、これまでずっと回顧的考察の対象ではありませんでした。このような絵画を制作する方法は、まさに水性絵具の世界に固有であると言えます。ヒュートはアクリル絵具が提供するオプションを最大限に活用しました。絵具に浸して着色したまばゆい下地、絵具を厚く塗ってダイヤモンドの形を表し、変化させた宣言的表現がそれです。歴史的には人物描写に根ざした形状と下地の論理的関係性を使って、新鮮な見方、すなわち形を分解し再び組み立てることで、光と絵画の効果を最大限に生かした証拠を与える舞台を作り上げました。変形するフィールドに漂うダイヤモンドの均衡を可能にしたのは、水性アクリル絵具が持つ柔軟で即興的な性質です。厳しくも大いに満足すべきこのシリーズの絵は、ドローイングと色を開放して美的効果を出すことができる構造の概念に目を向けさせます。

 

Golden Artist Colors社


戻る