? ?  


 ヘビーボディの新色5色

スコット・ベネット

*以下の新色は米国のみでの販売です。国内販売はされていませんが、参考資料として掲載していますことをご了承願います。

下記の新色は2010年の早い時期に店頭に並ぶ予定です(米国のみ)。将来いつかフルーイドアクリリックス製品でもこれらの色を提供できるかもしれません。すべて耐光性評価はIで、堅牢性にすぐれ、単独の顔料で作られています。ただ、パーマネントマルーンは例外で、5種類の顔料を混ぜて作られています。色ごとに不透明度評価も記載しています。不透明度/透明度の評価システムをご存じない方のために説明すると、評価は1から8に分類され、最も不透明なのが1、最も不透明でない、すなわち透明度が高いのが8です。当社ウェブサイトのバーチャルカラーチャートに色見本がありますので、クリックすると、当社が製造する全絵具に関するこの評価レベルと他の情報を見ることができます。評価1の製品にはカーボンブラック、バーントアンバー、レッドオキサイド、クロミウムオキサイドグリーンなど、評価2にはカドミウムレッド、イエローオークル、コバルトブルー、チタニウムダイオキサイドに加え、チタニウムホワイトが添加されたほぼすべての色相が含まれます。評価範囲の反対側、すなわち評価8には、トランスペアレントピロールオレンジとすべてのインターフェランスカラーが含まれます。

パーマネントマルーン
0012520
不透明度:3
この色、というよりこのタイプの色は、ご愛顧いただいたナフサマイドマルーンの顔料が入手困難になり1997年に製造中止して以来、久しぶりに当社の必須リストに掲載されました。何年もかけてさまざまな代替色を検討しましたが、最終的に、きちんとテストされ、信頼性の高い顔料によるこのブレンドが最適であり、顔料と色の安定性に関する高い水準を維持することができると感じました。この新色は、ナフサマイドマルーンがかつて占めていた色空間、すなわちキナクリドンクリムゾンとアリザリンクリムゾンヒューの中間を占めることになります。ほとんど合成有機顔料ですが、トランスペアレントレッドアイアンオキサイドは無機成分を提供します。ナフサマイドマルーンは単独の顔料でしたが、パーマネントマルーンは5種類の色、すなわちキナクリドンクリムゾン(PR 206、PR 202)、キナクリドンマゼンタ(PR 122)、トランスペアレントレッドアイアンオキサイド(PR 101)、フタログリーン(イエローシェード)(PG 36)、キナクリドンバーントオレンジ(PR 206)を独自の混合率で混ぜたものです。
世のナフサマイドマルーン愛好者や、アリザリンクリムゾンのようなくすんだ赤みがかったバイオレットが好きな方ならすべて、このパーマネントマルーンに満足していただけると思います。実際のナフサマイドマルーンはこのブレンドよりほんの少し青みがかっており、単独顔料色に予想されるようにアンダートーンが鮮明です。それ以外の点ではとても似ていますが、このパーマネントマルーン独自の華やかさがあります。乾燥時の光沢はグロスとセミグロスの中間です。

トランスペアレントブラウンアイアンオキサイド
0013830
不透明度:3
この色は従来のブラウン系を充実させたもので、バーントシエナとバーントアンバーの中間の色空間を満たしますが、アンダートーンははるかに鮮明で赤みがかっています。明度が低く、赤みがかったバーントアンバーを想像してください。アンダートーンは暖かみのある鮮明で豊かなチョコレートブラウンです。マストーンではローアンバーと同じか、それより濃く見えると思いますが、バーンシエナと同じような暖かみのあるブラウンのアンダートーンがすぐに現れるでしょう。結局これが最も実用的な新色だと思います。不透明度は3ですので、「トランスペアレント」という名前は少し紛らわしいですが、従来のトランスペアレントレッドとイエローアイアンオキサイドを除くほとんどのアイアンオキサイド顔料よりやや半透明です。合成無機顔料で、乾燥時はほとんどマットになる傾向のある他の多くのアースカラーよりもツヤがあります。

パイロールレッドダーク
0012780
不透明度:2
なんと見事な赤でしょう!鮮明で、濃く、豊かなこの赤は、カドミウムレッドダークとカドミウムレッドメディウムの中間の色空間を占めます。重金属を含まず、彩度の高いカドミウムレッドダークの代替色で、通常のカドミウムのように紫外線と湿度の影響を受けにくいため、戸外の壁画にも使用することができます。不透明度は2で、カドミウムレッドダークと同じです。乾燥時のツヤはカドミウムレッドと同じくらいで、セミグロスに近いです。すべてのピロール色と同様、合成有機顔料です。乾燥表面はかなりツヤがあります。

ビスマスバナジウムイエロー
0010070
不透明度:3

パイロールレッドダークと同様、この新色のイエローはカドミウムのすぐれた代用色で、カドミウムの持つ敏感さの問題がなく、戸外の壁画にも使うことができます。色と彩度はカドミウムイエローライトととてもよく似ていますが、透明性は少し高いです。カドミウムイエローライトの不透明度は2ですが、 ビスマスバナジウムイエローは3です。ジャストペイント第10号にも掲載した戸外壁画技術シートの「ベストカラー」リストに是非必要な明るい黄色を提供します。

クロミウムオキサイドグリーンダーク
0010610
不透明度:2

この新たなグリーンは、皆様よくご存知の、とても実用的で長年ご使用いただいてきたグリーンの顔料をさらに濃く冷たくしたバージョンです。ジェンキンスグリーンとサップグリーンヒューの中間の色空間を占め、適度に不透明で、比較的小さな無機グリーンのラインナップに加わります。標準的なクロミウムオキサイドグリーンの不透明度は1ですので、その点は全く同じではありません。乾燥するとサテンのような仕上がりになります。

GOLDENヘビーボディアクリリックカラーズの上記新色のさらに詳しい情報については、当社ウェブサイトをご覧ください。
http://www.goldenpaints.com/products/color/index.php

 

Golden Artist Colors社


戻る