From Mark Golden:
Just Paint 17を読まれる前に


多くの重要な機関で材質や技法に関する教育が著しく衰退する中、ほとんどの作家は、キャンバスの準備という最も基本的な概念ですら、"おしべ"や"めしべ"のこと(性知識)を知るのと同じ手段で得ています・・・つまり仲間たちから学んでいるのが現状です。

状況は情報スーパーハイウェイとほとんど変わりません。Just Paint 17では、このギャップを少しでも埋めようと試みました。すぐれた実践的手法を提供することで、より正確な情報が伝わればと思います。今回、「特筆すべきキャンバスの張り方」というジェームズ・バーンスタインの記事を発表することができてよかったと思います。彼はサンフランシスコ近代美術館で修復の共同監督をしていました。15年間の勤務を経て、絵画とミクストメディアを専門とする民間の絵画修復家として、また絵画修復家たちに上級者向けの講義を行う教師として、すばらしいキャリアを築いてきました。ブルックリンのダウンタウン・ストレッチャーズのデイヴィッド・ヘッドリーが「ストレッチャー(斜め継ぎ枠)とストレーナー(角を固定した枠)」の中で専門家としての見識とストレーナーを準備するためのヒントを提供してくれたことも大変喜ばしく思います。最後に、研究室長であり、ASTM D01.57小委員会のアクリル絵具と材質に関する作業部会長でもある当社のビル・バーセルは「一般的ではない下地」の中で下地についての共通用語を説明し、これらの材料に関する規格の策定を喫緊の課題として推奨しています。

戻る