Golden History

 

支援の品質 Support Quality

By マーク・ゴールデン

ゴールデン社は、社員全員が誇りを持てる企業を創り上げようと努力してきました。アーティストたちとの対話から生まれた使命は、当社の方向性を揺るぎないものにしています。それは、構想を具現化する人々にひらめきを与えるための色彩や線、テクスチャーを創り出す最もイマジネイティヴで革新的な道具を作り共有することに専心する、持続可能な企業を育てることです。新しい創造的な道具を開発するため、アーティストたちとの協力を継続しつつ、私たちの最も挑戦的な旅路は今やっと始まったところなのです。

概して、画材業界は他の高品質消費財のメーカーと同じように、市場からの厳しい値下げ圧力に直面し、店頭への製品投入も譲歩し続けています。この「ウォルマート効果」は、こうした価格要求を満たすために廉価なスチューデントグレードの製品群を生み出し、輸入品をあふれさせ、多くの製造業者を品質調整に追いやり、サービスの低下を招いています。

市場の関心が価格に集中しているため、品質改良や品種の拡大、革新的な提案、サポートサービスなどの機会は危機的状況にあります。このような事態が続けば、本来あるべきではない商品化の風潮のために、やがては商品の購入場所、材料の多様性、品質、サービスなどを含めてアーティストの選択肢は狭まっていくでしょう。これをすばらしい価値提案として受け入れるアーティストもいるのだろうということは理解できますが、同時に、アーティストの個々の要望に見合う、他社と違ったユニークな一連の画材を提供することが当社の誇りでもあります。しかし、差別化のチャンスはあると思います。私たちの努力でこうした製品がより入手しやすくなれば、選択肢を広げることができ、創作の世界をより豊かにすることができるというのが私たちの希望であり、信念でもあるのです。

オンラインショップ、チェーンストア、小売店など、さまざまな店が創作活動の世界において意義ある存在になるために努力してきたことは、誰もが知っています。貴重な販売スペースを削って作品を展示している店や、定期的なワークショップや講習を開いている店もあります。スタッフに知識豊富なアーティストがいることを自負している店もあります。あるいは顧客の創作意欲をかきたてるために、世界中から他にないユニークな画材を調達している店もいくつかあります。そして何でも、どんなサイズでも、いつでも在庫しておこうと努力している店もあります。どの場合も、十分な人手、時間、資金の投入なしには成しえません。私たちが好ましいと思う画材店は、大小を問わず、本業である芸術分野に多大な再投資をしています。彼らは私たちが支援するのにふさわしい人々です。

これらの販売店に供給するメーカーとして当社は、芸術分野を創造し支援する彼らパートナーを、その所在地やあり方を問わず支援すべきだと考えています。私たちすべてが持続的で創造的なコミュニティーの一部として存続するには、コミュニティーの意義ある貢献者となり、互いの成功のために共感し、支えあわなければなりません。

市場の圧力にかかわらず、ゴールデン社は、アーティストにとって価値があると信ずる広範囲なサービスと高品質を維持することが義務であると考えます。顧客を刺激し、価値を提供するユニークな材料をアーティストが入手できるように努力し続けます。アーティストに対する情報源であり続けます。アメリカにおいて高品質製品を作ることを喜びとし、競争力のある製造が出来るように改善努力を続けます。そしてファインアートと科学やテクノロジーの統合を必要とする創造的表現への道筋であり続けます。これが私たちの情熱であり使命なのです。