????????????
?????????

Golden History

歴史 / 性質 / 顔料 / 色見本 / 技術情報と使い方

ゴールデン・フルイドアクリリックスは、粘度が低くて顔料濃度の高い絵の具という画家の要望に応えた特注品として始まりました。たとえば絵の具を注いだり(Pouring)、水たまりのようにしたり(puddling)、滴にしたい(dripping)と考える画家がいたり、あるいは水彩絵の具のかわりにアクリル絵の具でステイニング技法をしたいとか、さらにはスプレー技法に使いたいなどの要望がありました。多くの画家たちはすでに粘度の高いゴールデンアクリリックスを水でうすめてこうした効果をだしていました。ほとんどの画家の要求には水やメディウムを絵の具に足すだけで十分だったのですが、それでは絵の具の強さとしては不十分だと不満をもつ画家もいました。彼らは最適の濃度と隠ぺい力を持った、うすめられていない絵の具を望んだのです。

やがてフルイド特注品はゴールデンの標準商品として発売できるほどの評判を得ました。フルイドアクリリックスはゴールデンアクリリックスと同じように配合されていますが、その粘度つまり固さに違いがあります。ですから、顔料濃度つまり色の強さはゴールデンアクリリックスに匹敵します。実際のところ、フルイドアクリリックスはレベリング性が非常によいためにゴールデンアクリリックスよりも実質的に強いと思っているアーティストもいます。

Golden Artist Colors, Inc.